コサージュ 卒業式
次女が中学を卒業し、高校に入学します。
卒業式の日は、母親の私は黒のパンツスーツで出席する予定です。

黒いスーツなので、ちょっとは華やかさをプラスしたくなり、
急きょコサージュ選びを始めています。

黒いスーツに合う、おしゃれなコサージュはどんなものがあるでしょう。
ところで、卒業式に使うべきでない色はあるのでしょうか?

実体験をもとにまとめます。

スポンサーリンク

卒業式の母親の服装の話

長女の卒業式のときの母親の服装を思い出すと、7割くらいが黒か紺のスーツでした。
ブラックフォーマルとかではなく、光沢のある素材だったり、ツイード素材だったりです。

その他には、ベージュの上下とか、グレーの上下が多かったです。
スカートかパンツか、という比率では、半々。

卒業式は高校の場合3月に入ってすぐなので、まだ寒いです。
なので、パンツスーツの人も案外いました。

胸元には、控えめなコサージュを付けている姿も。
私自身は、胡蝶蘭のコサージュを付けていたのですが、ちょっと大きすぎた気がしています。

なので、今回、次女の卒業式にはもうちょっと小ぶりの品のいいものを探してみようと思ったんです。

卒業式にふさわしいコサージュの色とは?

卒業式コサージュ
卒業式というのは、生徒のためにあるものです。
主役はあくまでも生徒たち。

母親はあまり目立たず、控えめに…というのが基本。

卒業式の場合は、黒、紺、グレーのスーツを選ぶ方が多いです。
入学式に比べて、色味が地味だなという印象。

卒業式の母親のスーツに合わせるコサージュは、黒、紺、グレーに付けても品よく見えるもの、というのが大事になってくるようです。

そう考えると、黒スーツに黒のコサージュでは、なんだか夜の世界の人のようですし、
赤や鮮やかな青、黄色、では目立ちすぎます。

大きさも襟よりも大幅にはみだすようなものよりも小ぶりできちんとしたものを付けた方が良いです。

卒業式にふさわしいコサージュの色は、淡いめカラー。
白、ベージュ、ベビーピンク、シルバーグレー、がその例です。

素材としては、布製のものよりも、オーガンジーなどのふわっとした素材、

生花やプリザーブドフラワーも良いです。


スポンサーリンク

卒業式のスーツに合うおしゃれなコサージュ例

私自身が実際に卒業式のコサージュを買う時に、候補に挙げたものを例としてあげます。

探したコサージュの条件は、

・黒のスーツに映える色
・それでいて派手すぎない色
・小ぶりのもの
・素材感が良いもの(布ではないもの)

です。

例えば造花を使ったコサージュでもあまり安っぽいかんじのするものは避けたいですよね。

アーティフィシャルフラワーのコサージュ

楽天で調べていると、アーティフィシャルフラワーで作られたコサージュがありました。
これが、リアルなお花の質感を再現していてとてもすてきなんです。

ちょっとお値段は張るけれど、品がありつつかわいらしい、自然な感じでおすすめです。

【小さめコサージュ】新作☆人気のピンポンマム&桜 コサージュ♪ ホワイト

ピンポンのようなコロンとしたフォルムがかわいい菊、「ピンポンマム」と桜の組み合わせのコサージュです。3月の卒業式で、一足早くちょっぴり4月を先取りしてる感じがいいですね。

サテンやオーガンジーのコサージュ

しなやかな印象の素材でできたコサージュも見つけました。

日本製コサージュ サテンパール芙蓉291

こちらは、キラキラしたストーンとクリスタルビーズを花芯に使っていて華やか。
お花はオーガンジーやサテンを使っています。

卒業式に選ぶならば、シルバーかオフホワイトがいいと思いました。

プリザーブドフラワーのコサージュ

お花のような質感にとことんこだわるならプリザーブドフラワーですね。


プリザーブドフラワーコサージュ 【パールコサージュ】

こちらはプリザーブドフラワーのバラをベースに紫陽花、カスミ草を組み合わせ、
ふわふわしたフェザーをあしらっています。

ちょっと豪華ですね。卒業式用として人気なのはホワイト、パープル、ベージュとのことでした。
2,3回は使えるので、入学式でも使うなら、ベージュか淡いピンク色が良いと思います。

私が卒業式用に購入したコサージュ

私自身いくつかピックアップしてすごく迷ったのですが、
次女に見せてどれがいい?と聞いたら、「これ!」と即答したものを購入しました。


【コサージュ】小さめローズコサージュ♪ ホワイト

白いローズをメインに、薄紫色の小花が添えられていて、ちょっと見えるグリーンのベリーがかわいくって。
素材はシルクフラワーだそうです。



コサージュを付ける正しい位置はどこ?

ところで、コサージュをいざ付けようとして、位置に迷ったことありませんか?
上過ぎても、下過ぎても、恰好がつかないんですよね。

胸元に着けるのはちょっと違うし…。

コサージュはスーツに襟があるならば、左側の襟の上に付けます。
位置は、鎖骨の延長線上が目安です。

ノーカラーならば、スーツの襟ぐりと鎖骨が交わるあたりにコサージュが来るように付けます。
こうすることで、全体のバランスがよく、見栄え良く付けられるんですよ。

コサージュは入学式と共用でもOK?

卒業式のあとは、2、3週間ですぐに入学式が控えています。

卒業式と入学式では、どちらかというと入学式の方が華やかなイメージ。
コサージュの色味も白っぽいものから、ピンク色やクリーム色などの春らしいものに変えるのが良いです。

でも、せっかく購入するなら、そのまま入学式にも使いたい…ですよね。
その場合は、色を白、淡いめベージュ、にしておくのがおすすめです。

入学式になって、華やかさがやっぱり足りないな…と思ったら、
ちょっと濃いめのピンクやブルー、グリーンのプチコサージュを追加するのも良いと思います。

最後に

もうすぐ迎える、卒業式。
厳かな雰囲気のもとに、この3年間のことを思い出しながら臨みたいです。

入学式の日、ちょっと大きめのセーラー服に身を包み、真新しい靴を入ってくぐった中学校の門。
小学生っぽいあどけなさがまだ残っていたように思います。

3年間って本当にあっという間です。
今は、随分と大きくなり、セーラー服姿もすっかりなじみました。

卒業かぁと思うと感慨深いです。
すてきな卒業式になるように。自分自身も納得のいく服装で行きたいなと思います。

スポンサーリンク