嵯峨とうふ稲
京都の嵐山駅近くの嵯峨とうふ稲。
北店と本店の2店舗があり、お昼時には混雑している人気店です。

今回はママ友と二人で嵐山に行き、
嵯峨とうふ稲北店でランチを食べたときの口コミレポートです。

お豆腐と湯葉の御膳はどんな味でしょうか?
また、北店のメニュー、営業時間やアクセス、予約は可能かどうか?もまとめておきます。

スポンサーリンク

嵯峨とうふ稲北店に入ってみる 混雑状況

嵯峨とうふ稲 北店
JR嵯峨嵐山駅から歩いて、嵐電嵐山駅前通りに向かいます。
そして、竹林の道の入り口あたりにある「嵯峨とうふ稲 北店」に着きました。

5月の平日、11時半頃でした。
この時間帯は、窓際の席はほとんど埋まり、最後の2席が空いている、という状態です。

平日昼間、お昼時ピーク前にもかかわらず、案外混んでいるという印象でした。

ちなみに、食事が終わった12時半頃には、
すべての席が埋まり、並んで待っている人もちらほら、という混雑具合です。

休日や観光シーズンのピーク時は、
お昼前から午後になっても店の外に行列が出来ていることもあるほど。
嵐山の人気店なんですね(^^)

嵯峨とうふ稲北店からの眺め


嵯峨とうふ北店は旅館を改築して作られています。

京都らしさが漂う、日本家屋です。
庭があって、そこには鯉が泳いでいたり、と。
旅館だったころの名残がそこここにあります。

食事は2階席で。
案内されたのは窓際の席です。

窓に沿ってテーブルがあり、隣同士で座る形。
カウンター席、みたいな感じです。

その窓から嵐山が望めます。
春の桜の時期や、秋の紅葉の時期はさぞ美しい眺めでしょう。

また、通りに面した窓からは、天龍寺や竹林の道など、
嵯峨嵐山エリアの観光名所が見えます。


スポンサーリンク

湯葉御膳を注文!味の感想は?


さっそくお料理を注文しました。
ママ友が注文したのは、嵯峨御膳(1,980円)。

小鉢や煮物、豆乳茶碗蒸し。
手桶の中は自家製のくみあげ湯葉です。

左上にある竹の器に入っているのは冷奴。
湯豆腐と冷奴のどちらかが選べるんですが、
この日は暑かったので、冷奴にしたんです。

予想では四角い豆腐をイメージしてたんですが、
桶から掬い取ったままの形のお豆腐でした。

そして、お米は五穀米。
デザートは自家製黒本蕨餅です。

手桶に入っている湯葉は、とぅるんっという食感で
ふわっと大豆の風味がしておいしかったそうです。

お豆腐も、家で食べるスーパーの冷奴とは違って、
お醤油とかを掛ける前でも濃い味だったと。

ちょっと甘みすら感じたよーって話でした。

私は、京湯葉あんかけ御膳(1,720円)を注文しました。
天ぷらが食べたかったんですよ笑

ご飯は湯葉あんかけ丼です。
五穀米に、とろーりとした湯葉あんがかかっています。
生麩田楽もついていました。

同じくデザートは自家製黒本蕨餅です。

湯葉あんかけは、出ししょうゆベースで、薄味。
とろんとしたあんと、湯葉のコラボで上品なお味です。

あられとわさびが付いていてお好みでトッピングできます。
わさびはちょこっと、あられは全部入れたら、
香ばしさとつんとしたわさびの風味が加わって美味。

天ぷらはサクサク。筍がおいしかったー!
生麩田楽は、もっちり感がたまりません。

二人とも共通の自家製黒本蕨。
これがふわっとした食感で、甘みがちょうどよくて、うまー。

ママ友はかなり気に入って、
「なに、これ、むっちゃおいしい」と言ってました。

もうひとつ。
胡麻が好きな私には、胡麻豆腐は外せません。
こちらも、ねっとりとした食感で、
胡麻の風味がふわっと香って美味しかった。

説明書きが敷いてありました。
「老化防止と若返りに効果があるとされています。」

これは見逃せない情報です。
もちろん残さず食べましたよ。

嵯峨とうふ稲 北店のメニュー紹介

嵯峨とうふ稲北店のメニューは他にも、
嵐山御膳(2,180円)
手桶くみあげ湯葉御膳(1,720円)
京のおばんざいそうめん御膳(1,600円)など。

どれも、おとうふを生かしたヘルシー料理です。

嵐山に行って、何を食べようかなーと悩んだら、
まずは、京都らしい湯豆腐(冷奴)と湯葉を食べてみるのが良いのでは?



嵯峨とうふ稲 北店 営業時間とアクセス方法

嵯峨とうふ稲 北店は、嵐山の人気スポット、竹林の道の入り口のすぐ近くです。
JR嵯峨嵐山駅からは徒歩10分、嵐電嵐山駅からは徒歩3分の好立地。

嵐山で最もにぎやかな通り沿いで、アクセス抜群。

注意点としては、お店はクレジットカードが使えないということ。
現金の用意が必要です。

JR嵯峨嵐山駅前には、京都信金のATMがありますし、
途中に京都銀行の店舗も。

また、嵐山のメイン通り沿いのローソンでもお金がおろせます。

京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町46-2
営業時間:11:00〜19:00
定休日:年中無休

最後に:嵯峨とうふ稲北店は予約は平日のみ10名からでした

嵯峨とうふ稲北店の食事は、京都らしさたっぷりの空間と
お豆腐の自然な味が楽しめるメニューでとてもよかったです。

115席あるのですが、ランチタイム、
12時を過ぎると平日でも混んでます。

混雑を避けるために予約しておきたいところですが、
予約は平日のみ、10名様から、とのこと。

普通の旅行では10名そろえるのが大変かもしれません。

土日や観光シーズンはすごく混むのに、
予約ができないんですね。

ちょっと早めのお昼、という感じで、
開店直後に行くのが一番良いと思います。

スポンサーリンク