龍安寺 紅葉
夏に龍安寺に訪れたときに境内の青もみじの美しさに見とれました。
これは、秋の紅葉は素晴らしいに違いない!と。

龍安寺と言えば、石庭が有名ですが、
魅力はそれだけではありませんでした。

11月の中旬、見頃も近い、龍安寺の
紅葉を満喫してきました。

ちょっと天気が良くなかったので写真が暗いですけど、
感動の美しさを記しておきたいと思います。

11月中旬、日曜日の混雑の具合など、
お役立ち情報もまとめます。

この写真は、嵐電龍安寺駅から徒歩で歩いて
最初に出会う門の前の紅葉です。

スポンサーリンク

嵐電龍安寺駅から龍安寺へ向かう


嵐電の龍安寺駅から、龍安寺までは意外に距離があります

無人の龍安寺駅を降りるとすぐに、龍安寺参道商店街が始まります。
緩やかな坂道をてくてくと上っていくと、途中に「←龍安寺」の標識が。

これに従って歩いて行けばいいので、難しくはないです。
坂道になっているので、ちょっと歩くのが難儀だなーと思うかも。

龍安寺駅からタクシーを拾いたいとこですが、
駅自体が小さいので、タクシー乗り場はなさそうでした。

歩くこと10分。
真っ赤な紅葉が飛び込んできました。
龍安寺の総門(かな?)のまわりにあるもみじの木が赤く色づいていたんです。

いきなりのもみじのお出迎えに心が躍ります。
そのまま門をくぐると、きぬかけの道に出ました。

龍安寺山門にて拝観券購入 大きな木が紅葉しています

きぬかけの道を渡るとようやく、龍安寺の山門に着きます。
龍安寺 
山門の横にあった紅葉の木。
赤と黄色の中間のような鮮やかな色でした。

山門のところに受付があり、ここで拝観料を払って門をくぐります。

拝観料を納めて、受け取った拝観券は石庭を見るときに必要です。
(知らずに行ってしまうと、戻ることになるのでご注意を)


スポンサーリンク

龍安寺の参道の紅葉がすばらしい

龍安寺 紅葉 見ごろ

山門をくぐるとうっそうと生い茂る青々とした木々の葉。
それが夏の龍安寺の印象でした。

同じ場所を秋に訪れたら、目に入る木々の葉のほとんどが赤や黄色に染まっていました。
さながら、紅葉のアーチのよう。

石庭で有名な龍安寺だけど、この紅葉は必見です。
本当に美しい。

フォトスポットが多すぎて、あれやこれや写真を撮っているとなかなか進めないほどです。
参道の左手には、鏡容池があります。
鴨やあひる、オシドリ(?)が、のんびりと浮かんでいました。

石庭のある庫裏前の階段の紅葉はまだ

石庭のある庫裏の前の石段は、紅葉をするととっても美しいのですが、
11月18日の時点では、まだ、色づき始めというところ。

すこし黄色になっている葉がありましたが、
全体的には黄緑いろ多めです。ちょっぴり残念…。

(11月の中旬は、2日過ぎるだけでも、紅葉がグッと進みます。
 11月20日には、庫裏前の階段もだいぶ進み赤い色が増えてきているようですよ。)



石庭と紅葉のコラボが素敵!

龍安寺 石庭 紅葉
拝観券を入り口で渡し、石庭へ。
龍安寺に行ったからには、ここはやっぱり外せません。

世界遺産の石庭と紅葉のコラボを楽しめます。
石庭の前に座り、じっくりと庭を眺め、
色づいた葉を眺め…。
心洗われます。

塀の向こう側から、赤い葉がグッとせり出していて綺麗です。
そして、左手には黄色に色づいた紅葉が見えます。

紅葉の進み具合は、緑⇒黄色⇒赤なので、
左手奥の紅葉が赤くなるにはもう少し、というところですね。

でも、中央の真っ赤な紅葉との色の違いが楽しめて、
とても綺麗な風景でした。
良い感じです。

龍安寺の紅葉時期 混雑の様子

今回は、2017年11月19日(日)に龍安寺を訪れました。
京都市内の多くの紅葉スポットが見ごろを迎えている時期。
紅葉のハイシーズンが始まっていました。

龍安寺に到着したのは日曜日のお昼すぎ。
やはり混雑していました。
靴箱がいっぱいで置くところを探してしまうほどです。

通常の龍安寺はもっと穏やかですから、
そう考えるといつもに比べて混んでいます。

石庭の前の縁台には、座る隙間が空かないんですよ。
2列目まで、ぴっちり人が座ってました。

とはいえ、龍安寺の境内は広いですし、
石庭だけでなくて、庭園にも見所がたくさんあります。

その為か、意外に人影は分散していて
ストレスは感じませんでした。

このあたりの混雑の体感は人によって異なるとは思いますけれど^^

龍安寺の拝観時間 紅葉のライトアップはあるの?

京都では紅葉のシーズンにライトアップを行うところがあります。
でも、龍安寺は夜のライトアップは行っていないようでした。

拝観時間は11月30日までは、午前8時から午後5時まで。
12月から真冬の2月最終日までは、8時半から16時半までとなっています。

寒い時期は、拝観時間の終了が早いです。
12月の初旬も紅葉が見られると思いますが、
拝観時間を間違えない様にご注意を。

龍安寺へのアクセス

龍安寺に最も近いのは、龍安寺前バス停です。

このバス停は、京都駅からではなくて、
京阪電鉄の三条駅で乗る系統のバス停です。

スポンサードリンク




嵐電 龍安寺駅からの徒歩でのアクセス

嵐山方面から龍安寺、金閣寺の方へ向かっての観光をするならば、
嵐電を利用するのがわかりやすいです。

嵐電北野線には、龍安寺、仁和寺などの人気スポットがたくさんあります。
ただし、龍安寺駅から龍安寺は、すぐ目の前ではなくて、10分ちょっと歩きます。


住宅街の中を歩いて行くので、
本当にこっちでいいのかなー?とちょっと不安になります。

でも、茶色の案内看板が出ているので、それにしたがって迷わず歩きましょう。
最初の門が見えてくれば、龍安寺の山門はすぐです。

京都駅から嵐電を経由して利用するならば、
JR山陰本線(33番ホーム)から乗り、「太秦」で降ります。
(京都駅から13分ほど)
そして、嵐電の「撮影所前」駅で嵐電北野線に乗り、「龍安寺」駅という経路です。
(この間8分ほど)

JRの太秦駅と、嵐電撮影所前駅は、徒歩3分くらいの距離です。
京都駅からアクセスするなら、この方法が一番時間がかからないと思います。

バスでのアクセス

京都駅からバスでアクセスするには、
B3乗り場50番系統 「立命館大学前」が最寄です。
京都駅から、40分強。
バスを降りたら、きぬかけの道に沿って7分くらい歩くと龍安寺に到着します。

龍安寺の目の前のバス停は、
京阪電鉄の三条駅からの路線です。
市営バス 59系統 金閣寺・竜安寺・山越行で40分くらいかかります。

最後に:龍安寺の紅葉は長く楽しめそう


龍安寺の紅葉は、森のような境内の木々の色づきがあり
紅葉のトンネルの様になっていてとても良かったです。

場所によっては11月中旬にすでに見ごろでしたが、
まだまだ、色づきの進んでいない木々もありました。

中にはすでに散って、苔の上の散紅葉となっているところもあったりと。

たくさんのもみじの木があるからこそ、
長い期間、さまざまな顔を見せてくれるのではないかと思います。

12月に入って、もう終わりかな…と思っても、
十分満喫できそうですよ。

スポンサーリンク