秋から冬にかけて、インフルエンザと同じように話題になるのがノロウィルス。感染性胃腸炎の原因の一つとして知られていて、感染すると強い嘔吐や下痢を伴います。

感染力が強いので、集団の場ではあっという間に広まってしまうことも…。

今回は、ノロウィルスに感染したらどうするべきか?症状や治療方法、人に移さないためにどうしたらいいの?などをまとめます。

スポンサーリンク

ノロウィルスに感染したらどうなる?感染源や症状について

ノロウィルスは、口から入ってきて強い嘔吐や下痢を引き起こす胃腸炎です。お腹に入ってきたウィルスは、増殖していき、感染した人の嘔吐や便と一緒に体外に排出されます。

流行するのは主に冬。11月ごろから2月下旬ごろに流行します。

感染経路は以下の図のようになっています。

ノロウィルスの感染には大きく分けて2つの経路があります。

  • ノロウィルスに汚染されたものを食べる
  • ノロウィルスに感染した牡蠣などの二枚貝をしっかり加熱しないままで食べたり、感染していながら症状が出ていない人がしっかり手を洗わずに作った食事を食べたり。
    何らかの形でノロウィルスに汚染されているものを口にしたときに移ります。

  • 感染した人の吐しゃ物、便に含まれたウィルスが広がる
  • ノロウィルスは、感染した人が吐いたものや便と一緒に外に出ます。その便や吐しゃ物に入ったウィルスが手や衣服について他の人に移ります。
    また、空気中に漂っているノロウィルスを吸った場合にも感染します。集団生活では、タオルを一緒に使ったりしてうつることもあります。


感染すると、1日か2日後には最初の吐き気やおう吐、下痢などの症状が出始めます。最初の6時間くらいは、かなりつらい症状で、トイレから出られなくなってしまう方も。

ただ、嘔吐や下痢の症状は3日以内でおさまりますし、熱もあまり出ません。中には、感染したのに症状が出なくて気づかない場合もあるのです。

それを知らずに、調理をしたり、出かけて人に接触したりということで、また広がってしまう…というわけですね。

我が家の娘が幼稚園の頃にも、ノロウィルスによる嘔吐下痢症が流行しました。子供って、仲よく体をくっつけて遊びますし、次々に感染して広まってしまったんです。

友人が言っていました。「ノロウィルスでひどい目にあったよ!子どもだけじゃなくて、わたしもパパも罹ったし、遊びに来たじいじばあばにもうつって悲惨だった。下痢の蒸気でもうつるしね。
ノロウィルスは呪いウィルスだよ!!

あの広まりっぷりは、確かに呪いのようかもしれません。うまく言ったもんですw

強い感染力があるってホント?どのくらいの期間か

先ほどの友人の話にもありましたが、ノロウィルスはとにかく感染力が高いこと、感染したら早い段階で嘔吐症状が出ることが特徴です。

ノロウィルスが含まれた便や吐しゃ物を触った手で、ものを食べたり調理したりすると感染するのはもちろんのこと。

吐いたものをしっかり処理して消毒しておかないと、乾いた後にノロウィルスが空気中にフワフワと漂ってしまいます。それを吸い込んでもかかります。(空気感染といいます)。

友人が「蒸気を吸ってもかかる」というのは、ちょっと違うかもしれませんが、思ったよりも広い範囲にウィルスが広まりやすいと言えます。

嘔吐や下痢の症状は、3日程度で終わりますが、症状がなくなってからも便にはノロウィルスが残っていることがあります。1週間くらいは便の処理や入浴に注意が必要なのです。

治ったー!と思っても油断できないのがノロウィルスの面倒なところなんですね。感染した人が触れたドアノブに触って感染することもありますし、お風呂に入ったらうつっちゃった、って言うこともあるのです。

スポンサーリンク

ノロウィルスに感染したときの飲み物食べ物

ノロウィルスによって起こる感染性胃腸炎には、薬やワクチンはありません。嘔吐下痢による脱水症状が起きない様に気を付けて、あとは栄養をしっかり取ること、くらいしかありません。

初めの嘔吐のときは、水を与えても一緒に吐いてしまいますし、飲んだ水分によって余計に吐いてしまうこともあります。

嘔吐の期間中は、「水は飲まない、何も食べない。そして吐き気止めなどの薬も飲まない」というのがポイント。

吐き気が治まってきたら、水分を与え始めます。ただの水道水やミネラルウォーターを飲ませるよりも、「経口補水液」が最適です。少しずつ飲ませて、脱水症状を予防します。

水のような便が出る下痢が収まるまでは、食事は消化の良いものを軟らかめにして。てんぷらなどの脂っこいものや、牛乳、イモ類、かんきつ類を避けます。

ちょっと柔らかい便くらいになったら上記のものは避けて、普通の肩さのものを食べても大丈夫です。

家族にノロウィルスを広めないためには?

家族がノロウィルスに感染したら、適切な処理をして感染を広げないこと、それぞれが意識して手洗いを徹底することが、とっても大切です。

吐いた物の処理方法


ノロウィルスに感染して、最初に出る症状が嘔吐です。嘔吐が出たら、吐しゃ物には直接手で触らないこと!

吐いたものは思った以上に飛び散っているので、処理する人以外は半径2メートル以上離れます。特に小さな子供は遠ざけた方が安全です。処理する人以外は触れないようにするのが第一歩。

次に窓を開けて換気をし、使い捨ての手袋をして、マスクを着用してから処理を始めます。

吐しゃ物はペーパータオルで外側から内側へと集めるように静かにふき取ります。ふき取ったものは、即、ビニール袋へ。ビニール袋の口をぎゅっと縛って密閉します。

吐いた範囲に、消毒液をまき、新しいペーパータオルでふき取ります。ギュ、ギュ、としみこませるようなイメージで。

消毒液は市販の漂白剤を薄めたものを使います。

最後にスリッパの裏に消毒液を付けてふき取ります。すべてのペーパータオルと手袋とマスクはビニール袋に入れて密閉して捨てます。

作業が完了したら、しっかりと殺菌作用のある石鹸を付けて手を洗います。

スポンサードリンク




触りそうなところの消毒

ドアノブや、戸の引手、水道の蛇口、ベッド、階段の手すり、トイレなど、家族が触りそうなところは消毒しておきます。また、小さな子がいるお宅の場合は、おもちゃも消毒したほうが良いです。小さな子はおもちゃをなめますよね。それで写ってしまうこともあるんですよ。

吐しゃ物、排泄物がついた衣服や布団類の洗濯

吐しゃ物や排せつ物がついたままの衣類やお布団、シーツなどをいきなり普通に洗濯してはだめです。85℃以上の熱湯を用意して、1分間以上浸して消毒してから洗います。

他の人の衣類と一緒に洗わないことも感染を広げないポイントです。

お風呂に入るときも要注意!

感染した人がお風呂に入る場合は、嘔吐や下痢が止まってから。出来れば家族全員が入った後にします。
お尻の周りを中心に体をよく洗ってから湯船につかる、などの配慮をしなくてはなりません。

ノロウィルス感染の予防のために!手洗いの正しい方法


日ごろから、ノロウィルスの感染を防ぐのには、何を置いても手洗いが一番大事です。それも、ただ、水でちゃちゃちゃッと流して、はいおしまい♪ではだめ。

特に汚れの残りやすい、爪の間や指の間、指先、親指周りや、手の皺、手首は意識して。

正しい手洗いの方法を身に付けて丁寧に洗うようにしましょう。家に帰った時、トイレの後、ごはんの前。そしてお料理をする前には必ず洗う習慣をつけると良いですね。

インフルエンザなどの予防にもつながりますし、覚えておいて損はないです。

1)時計、指輪、つけ爪などをはずす。
2)薬用せっけんを付けて泡立てる
3)手のひらをこすり合わせる
4)手の甲を良く伸ばして洗う。
5)指先を手のひらにたて、爪の間をこすりつける
6)指を組んで、指の間を洗う
7)親指を反対の手の人差し指と親指でくるんで、ぐるぐる回すようにする
8)手首をぐるぐると洗う
8)蛇口も石鹸で洗う
9)最後に流水でしっかりと洗い流す

手を拭くタオルは、家族でも分けた方が安全です。

スポンサーリンク