先日、赤ちゃんを出産した友人から「妊娠中に太っちゃったからか、生んだのに全然体重戻らないよ」とメールが来まして。
妊娠中って、とにかくお腹がすくし、親世代は「どんどんいいもの食べて太りなさい」なんて言う人もいるしで、予想以上に体重が増えちゃうのも良くある話。

私自身は、2人の女の子を出産した後、逆に妊娠前より体重が減っちゃって心配されたタイプです。妊娠痩せ、ですね。
母子手帳を確認してみたら、妊娠中の体重増加は長女のときは6.8キロ、次女のときは8キロだったみたい。

2人とも生まれたときの体重は2800g前後だったから、赤ちゃんの体重分を考えても私自身は4キロくらい増えた程度で済んじゃったんですね。
そのあと、産後疲れやら、母乳与えたことからか、体重はどんどん減り、妊娠前よりも痩せてしまったと。

スポンサーリンク

妊娠中の体重増加の目安は1か月1キロ=10キロ以内

妊娠中は、赤ちゃんがお腹の中で成長しているし、栄養も補給しなくちゃならないし、である程度の体重増は当然のこと。

私がお医者さんに言われていたのは、「1か月1キロ以内ならいい、1キロ以上太ると赤丸つけるからね!要注意だから」というものでした。
赤丸ついちゃって先生に怒られるのは嫌ですから、よし、絶対に増えすぎないように努力するぞよ!と意気込んだものです。

妊娠初期は、つわりがあったり、食欲が減ったりして体重増加あまりなかったのですが、問題は安定期。
まあ、ごはんがおいしい。見るものすべてが、おいしそうでとにかく食べたいわけです。
それにつられて食べまくってしまうと、体重がどかんと増えてしまいます。気を付けねば…。

過度なダイエットはもちろん禁物。痩せることが目的ではなくて、増えすぎないためにはどうしたらいいか?ということを一生懸命考えていたのを思い出します。

ちなみに、妊娠中の体重増加の目安はもともとのBIM(体重と身長の比率)によって異なるようです。
私の場合は、やせ気味だったので10キロくらいはOK、という判断でした。

妊娠中のごはんは和食中心で

妊娠中のご飯はとにかく和食を中心にしてました。できるだけ薄味で。
「妊娠中の食事と栄養BOOK」という本を参考に、調味料の量などを確認しながら作ってました。

和食を作るとき、案外使い過ぎちゃうのが醤油と砂糖。
濃い味付けにしてしまうと逆効果なんですよ。

妊娠中に塩分を摂り過ぎると、妊娠中毒症の危険もありますし。
マタニティ教室では1日10グラム、と指導されました。

例えば、みそ汁に入れる味噌の量は、味噌汁2杯分に対して大匙1杯弱くらい。ちょっと薄いかも…と思えるくらいがちょうどいいのだそう。
塩分を摂り過ぎるから、とみそ汁を敬遠する方もいるけれど、味噌は体にもいいから食べていいですよ、と言われました。

ただし、出しは市販のだしのもとは使わない方がいいと。塩分が追加されてるからですね。
しっかりと鰹節でお出しを取って、野菜をたっぷり入れたみそ汁なら、みその量が少なくても満足出来ます。

主人はどちらかというと濃い味付けが好きだったのですが、「妊娠中は塩分摂り過ぎちゃだめなんだよ」とか言って説得。
そのうち、薄味にも慣れて、お互い健康になってよかったよねぇなんて、話をした記憶が^^。

万歩計をつけて、良く歩く

妊娠していると体が重たいから、運動が億劫になります。もちろん過剰な運動はしてはいけないけれど、体を動かすのは大切です。
じっとしてるとストレスもたまるし、カロリーばっかり蓄積しちゃって太りますしね。

妊娠当時流行っていたのが、万歩計タイプの育成ゲーム。歩いた量によってキャラクターが成長していくんですよ。
それが結構楽しくて。1日1万歩目標で家の周りをテクテク歩いていました。

近所にスーパーがあって、パパと二人で歩いて買い物に行ったりね。車で出かけたときは、駐車場を遠くに停めて歩いたり。
意識的に歩くようにするだけで、良い運動になりました。

妊娠後期はお腹が下がってきて、足の付け根が痛くなっちゃって、長く歩くのは難しかったけれど。


スポンサーリンク

甘いものが食べたくなったら、時々は和菓子を

ケーキとかクッキーとかチョコレートとか。太っちゃいけないと思うと、目に入ってきて、結構苦しめられましたw
お菓子は砂糖の含有量がすごく多いですしね。妊娠中にお菓子で取っていいカロリーは1日200キロカロリーと指導があり。

調べてみれば、ショートケーキ1個食べると390キロカロリー、シュークリーム1個は240キロカロリー、スタバのクッキーも1枚で240キロカロリー超えちゃう。
これは毎日食べたらえらいことになりますわ。。

とはいえ、我慢しすぎるとストレスがたまって逆に良くないですし、お菓子を食べることで明るい気持ちになれるから、時々は食べてました。

特に和菓子はカロリー少な目で罪悪感なし(笑)で食べられる甘いものの代表!近所にある和菓子屋さんのきんつばは、100キロカロリーくらい。小豆も栄養ありそうだし、おいしいし、重宝したなぁ。

あとは、ヨーグルトにちょっと黒砂糖を入れたものや、手作りの寒天ゼリー(フルーツ缶詰入り)を作って食べてました。

鉄分不足に気を付ける

ご飯を食べ過ぎない、太り過ぎない、というのは大事だけれど、取るべき栄養はきちんと取らなくてはだめですよね。特に妊娠中は、貧血気味になりがちなんです。赤ちゃんの方に鉄分が運ばれてしまうために鉄不足になっちゃうらしいです。

次女のときに鉄分が足りないって言われて、鉄の錠剤を飲んでいました。鉄の錠剤を飲むと、便が黒くなるし、なんか便秘がちになるしでちょっぴり不快で…。

鉄分が多く取れるものとして、レバー、ほうれん草、小松菜、豆腐、納豆、ひじきなどをすすめられました。
ほうれん草や小松菜、豆腐はお味噌汁にして良く食べていました。ひじきと大豆の煮ものも。

あとは納豆を、毎朝食べるようにしてたら、次の月から鉄剤はでなくなりました。納豆はおすすめです。好き嫌いありますけどね。

追伸

出産した友達からのメールで思い出した、妊娠中の体重増加についての話をまとめました。
妊娠って、一生に何回もできるものではないので、その時間を如何に楽しむかってのも大事ですよね。

太り過ぎない範囲で、気を付けながら、時々は気を抜いて、適度に運動して、という過ごし方がよかったなぁと、懐かしく思い出しました。

スポンサーリンク