京都 着物で観光
着物が似合う街、京都。
京都市内を歩いていると着物姿の女の子たちやカップルを良く見かけます。

観光に行くならば、着物を着て歩いてみたいですね。
あらかじめ予約しておくための情報やおすすめスポットをまとめてました。

さらに、真冬の京都で着物を着て歩くための防寒対策のコツもお話します。

スポンサーリンク

京都の着物レンタル予約が出来るお店の例

京都市内には、着物レンタルできるお店がたくさんあります。
観光スポットからすぐ近く、また、京都駅周辺などのアクセスがしやすいお店で借りるのがコツです。

体験予約できる着物レンタル店

●祇園・白川 京都着物レンタル はちみつ。
京都市東山区祇園町北側270-5
八坂神社の前の四条通を数分の吉川ビルにあります。
京阪祇園四条駅からも近いです。

八坂神社や、祇園のお茶屋さんなど京都らしい雰囲気を味わえるスポットが周辺にたくさんあります。

●河原町付近 京あるきKyoto Kimono Salon
京都府京都市中京区菊水鉾町582 さがの館ビル2Fです。
阪急烏丸駅、市営地下鉄四条駅から徒歩2分の好立地。

着物を着て買い物が楽しい錦市場、ちょっと歩きますが二条城まで足を延ばしてもいいですね。

●嵐山付近 レンタル着物あかひめ嵐山本店
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-56
嵐電嵐山駅から、渡月橋方面へ1分ほど歩いたところにあります。

ここで着替えて、嵐山散策をするのにぴったりですね。

着物レンタルは当日飛び込みでも体験できますが、旅行に行く前に予約をしておくと安心です。
特に、人気のエリアでは、気に入った着物が見つからないこともあるかもしれません。

レンタル店では、さまざまなサイズを扱っていますが、大きいサイズは限りがある場合も…。
行ってみたら、ちょうどよいサイズがなかった、というのは悲しいです。

やはり、そんな時の予約をしておくのがおすすめです。
お店に直接電話したり、ホームページへアクセスして予約できます。

また、じゃらんで着物体験予約ができます。
京都の観光スポットの人気店がそろっているので、お店のプランを見比べて決められるので便利です。
京都の着物体験予約

スポンサーリンク

着物着付けにかかる時間は?持ち物は?

着物の着付け体験は、手ぶらで行って大丈夫です。
それまで来ていた洋服や荷物は、着付けをしたお店で預かってもらえます。
貴重品だけは自分で管理するのが必要ですけれど。

髪飾りやバッグなども借りられます。
ヘアセットも頼めるので、本当に何もなしで飛び込んでもいいんですね。

混んでいなければ、思い立って着物に着替えて観光ができるのが良いところ。

着付けにかかる時間はだいたい1時間くらい見ておけばよいでしょう。
時間がない時よりも、ゆったりとした日程の旅行がおすすめです。

着物体験のコツ!冬の防寒対策を

着物体験は、基本的には着物に関する小物は持たず、手ぶらで行けばOKです。
でも、京都の冬は寒いので、防寒対策になるものがあると便利。

具体的には、襟元が大きく開いた七分袖くらいの下着、ショール、足袋インナー、手袋などを用意しておくと良いでしょう。

ちなみに、京都発の着物用あったかインナーってのもあります(^^)
舞妓さんの声から生まれたもので、東レのソフトサーモという糸を使っているんだそうです。
京都発 ヒート+ふぃっと

お店によっては、別途羽織をレンタルできる場合もあります。
実際に、お店に行ったときに聞いてみると良いですよ。

最後に:着物で歩く、おすすめの京都観光スポット

着物が似合う京都ですが、案外坂が多くて歩くのが辛い…というエリアもあります。
比較的歩きやすく、しかも着物が似合う場所、フォトスポットがたくさんある場所としておすすめなのは嵐山。
平坦な道が多く、竹林の道や渡月橋、天龍寺の庭園など、写真を撮るのにもぴったりです。

竹林の道は桜の季節と紅葉シーズンはめちゃめちゃ混むのが難点ですが…。

他には、京都と言えば祇園。
八坂神社前のお店で着物をレンタルして歩きたいスポットです。

白川は、石畳が綺麗ですし、街並みもいかにも京都という感じで素敵。

景色は良いけれど、歩くと辛いのは清水寺、伏見稲荷。
清水寺は坂道を登って行った先にあり、お寺の中もアップダウンがあります。

伏見稲荷は言わずもがなですが、山を登るのがたいへんです^^;
赤い鳥居と一緒に写真を撮るのはすごく素敵なので、行ってみたいところですけれど。
ある程度、覚悟してから行くように。その日は伏見稲荷だけ行こう、くらいののんびり旅がおすすめです。

スポンサーリンク