気温 服装
10月を過ぎると、急に寒くなる日が増えてきます。
それでも、突然あったかい日が来たりするので、衣替えのタイミングが難しいです。

家を出るときの服装も悩みますよね。
最低気温19度で最高25℃のときは、何を着ようとあれこれ引っ張り出して考えるわけです。

スマホアプリの天気予報で気温を見ても、
どのくらいの寒さなのか、ピンとこないことも…。

そこで、気温による服装の一般的な目安をまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

気温による服装の目安

まずは、気温を元にして、どんな服装が服装が良いのかをざっくりまとめます。
この気温で晴れているとき、を想定しました。

  • 気温8度未満

  • 気温が8度に満たない場合は、冬の気温と考えて、
    真冬の服装にします。

    厚手のコート、ダウンジャケットなど寒さ対策を。
    マフラー、手袋などの防寒具も欠かせません。

  • 気温10度未満

  • 気温がグッと冷え込む、冬の始まりのころの最低気温、
    真冬の最高気温くらいの感覚で。

    特に風が吹くときは寒いので、風を通さないコートが必要です。
    インナーにセーターを着て、上からトレンチコートなどを着ると良いでしょう。

  • 気温10度以上16度未満

  • このくらいの気温の場合は、薄着ではさすがに寒いです。
    セーターを一番上に来ておでかけするのがちょうどよいです。
    昼間は意外に暖かかったりしますし、日の当たる場所は暑いと感じることもあります。

  • 気温16度以上20度未満

  • すこし肌寒いと感じる気温です。
    長袖のTシャツやブラウスの上にカーディガンを1枚羽織るとちょうどよいでしょう。

  • 気温20度以上25度未満

  • 長袖のシャツ1枚で、身軽に過ごせます。
    暑くなく、寒くもなく、一番過ごしやすい気温ですね。
    風が気持ちいいと感じるかもしれません。

  • 気温25度以上

  • 晴れていて、日の当たる場所は暑いです。
    Tシャツ1枚でちょうどよいと感じる気温です。
    30度を超えてくると猛烈に暑くて、ノースリーブでもよいかも…と思うほど。

    でも日差しは強いため、日焼けが気になる場合は薄手のUVカットカーディガンを羽織りたいですね。
    このくらいの季節になると、室内は冷房を効かせているので、外と中の温度差調節にも使えます。


スポンサーリンク

風速1m上がると体感温度は1度下がる!?

でも、同じ気温でも風の強さや湿度によって、体感温度って全然違います。

その日の気温が高めでも、風が強いと寒く感じるということは多々あるのです。

私の住んでいる静岡県は温暖なところ、というイメージがありますよね

でも、海岸沿いは風が超すごいんですよ。
他県出身の人に「なんでここは、1年中台風みたいに風が吹くの?」と言われるほど。

特に冬はとにかく、風がすごく強いです。

毎日、電線がひゅーひゅー言ってますし、
家がミシミシっということもあります。(ホントです)

自転車をこいでも、全く進まず、ヘタすれば煽られて田んぼに落ちます。
(ホントです)

年間で気温が一番下がる1月で比べてみると、

東京都内は最低気温0.9℃、最高気温9.6℃に対して、
静岡は最低気温1.8℃、最高気温11.5℃。

確かに、1、2度高いし、気温だけ見れば東京より暖かいと言えます。
しかーし、ここへ冬の風が吹くと寒さは激増。

静岡県浜松市の1月の平均風速は4.3m/s、最大風速は12.0m/sなのです。

気象庁のビューフォート風力階級表の風力階級でいうと、
風力階級3の木の葉や細かい小枝がたえず動く。軽い旗が開く。
から、風力階級6の大枝が動く。電線が鳴る。傘はさしにくい、の風が普通に吹いてます。

風速1m上がると体感温度は1度下がる、に当てはめると、
体感温度にして、少なくとも4度以上低く感じているということですね。
どおりで寒いわけだ。。。

数字にしてみると、リアルですね。

話が逸れてしまいましたが、
気温だけを目安にして服装を選ぶと、思いがけず寒かったということもあり得ます。

天気予報を見るときは、気温+風速をチェックすると良いでしょう。

風が強い予報のときは、気温に対して何度低く感じるか?と考えてみると良いと思います。
風をよける素材のコートなど、マフラーや手袋などをプラスしたいですね。

スポンサードリンク




観光地ごとの気温の変化と服装の目安

良く行く観光地の1年間の気温を知っておくと、これも便利です。
我が家の場合は、京都と東京ディズニーランド、USJについて、チェックしています。

それぞれの、気温の変化と服装目安もついでにまとめておきます。

京都の気温の変化と服装の目安


京都の年間気温の推移をグラフにしました。
年間の風速の平均は1.7m/s、最高でも2.0m/sと風はそれほど強くありません。
なので、ほぼほぼ、気温を服装の目安にしてよさそう。

12月の京都は最低気温3.2度、最高気温11.6度ですから、
セーターは必須、アウターもトレンチコートやウールのコートなどを選びます。

1月、2月は雪が降ることもあり、グッと冷え込みます。
冬物のしっかりとしたコートや、ダウンなどの防寒度が高いコートが必須です。

逆に7月8月は30度を超え、湿度も60~70%と高くなり、とにかく暑いです。
半袖やノースリーブ、風通しの良いものを選びます。

東京ディズニーリゾート(浦安)の年間気温推移と服装


東京ディズニーリゾートのある千葉県浦安付近、
東京との境目あたりの気温の推移です。

気温は東京都内と変わらないのですが、海が近い分風が強めです。
年間の平均風速は4m/sとなっています。

12月は最低気温4.7度、最高気温12.1度ですが、
風速による体感温度への影響もも考えて、暖かい服装をするのが良いですね。

アトラクションやレストランなどで建物に入るときは暖かいです。
でも、ほとんどは屋外で過ごすことを考えると、風を通さないアウターは必須です。

USJ(大阪)の気温の移り変わりと服装のポイント


USJのある大阪の気温の年間推移をまとめました。

12月は最低気温が5.1度、最高気温が12.3度です。
平均風速は2.7m/s。木の葉や木の枝が揺れる程度の風です。

風をよけるというよりも、暖かさを求めた服装をするとよいですね。
セーターと上着でうまく調節したいところ。

朝晩は冷え込むので、パレードなどを見るときは、
ひざ掛けや、帽子などの防寒具が欲しいです。

真夏は気温が35度近くまであがり、しかも湿度が65%ほどになるので蒸し暑いです。
半袖などの薄着をしたいところですね。

大阪は1年を通して、風がすごく強い季節というのはありません。
一般的な服装目安に合わせて決めると良いと思います。

※気象庁のHP 過去の気象データから集計しました。

スポンサーリンク