花粉症に納豆
母がスーパーマーケットから帰ってきて第一声「なんかね!花粉症に効くっていう納豆買ってきた!食べてみるか!」と。
「はぁ?花粉症に納豆?またまた…」とか思いつつ、見に行くと、なにやらキラキラしたパッケージのおかめ納豆が。S903納豆菌と大きく書いてあります。

うちの母、昔からテレビで出てくる健康法とか食材とかにめっぽう弱いです。弱いというか、すぐに試してみたくなるたちなので、また始まった…というのが正直なところ。
母が言うには、スーパーのポップに「花粉症に良い」とか書いてあったので飛びついたという話です。まあ、納豆は体に良いというし、大好きだし、食べて損はないけどねぇ。

と、せっかくなのでいろいろ調べてみたら、なるほど、花粉症のくしゃみが改善したりということは、あるみたいですね。

スポンサーリンク

すごい納豆S903納豆菌って何?

この納豆は、「おかめ納豆」で、販売元はタカノフーズさん。納豆のパッケージにほのぼのしたおかめさんのマークがプリントされてて我が家ではお馴染みなのです。
すごい納豆S-903っていう名前がインパクトありで、検索してみたら、ちゃんとニュースになってました^^

同社が保有する2200種類以上のオリジナル納豆菌の中から分析を続け、2002年に発見した納豆菌「S-903」を使った。一般的な納豆菌と比べて免疫に対する機能性が約1・5倍と高く、納豆製造にも適しているのが特徴という

なんでも、タカノフーズさんと中部大学とが共同で研究をして、実際に花粉症の人に食べてもらったところ、S903納豆菌入りの納豆でくしゃみが楽になったり、鼻水が前よりでなくなったりという改善が見られたんだそうです。

ほぉ。。そうなんだ…。
この納豆を食べればすぐに劇的に、「もう今日から花粉症とさよならだ!」ということにはならないし、個人差はあるかもしれないけど、試してみるのはありだ!と。

S-903菌は、免疫力も高めるので、インフルエンザ予防にも一役買ってくれそう。すごい納豆ですね。そう聞くと。

発売されたのは2/27日らしく、速攻で見つけて買ってきたというわけ。素早い。
花粉症に悩む母が食べ始めたので、横から私も味見。普段食べている納豆と、味はさほど変わりなし。(あたりまえか^^;)少し、柔らかめかな…という感じでした。

この納豆、納豆菌そのものだけでなく、たれにも乳酸菌を使っているんだって。納豆プラス乳酸菌で腸内環境を整えて、免疫力もアップ!というのを期待できるらしいです。これは、1日食べただけじゃわからないですね。
母が毎日食べると意気込んでいるので、1週間から10日くらい経ったら、どんな感じか聞いてみるつもりです。

良かったら次女にも食べてもらおうかな。でも毎朝納豆食べなさいよっていうと嫌がりそう^^;好きだけど、毎日はちょっと…って言うタイプだから。

1週間すごい納豆S-903を食べた母の感想~花粉症はどう?

母がすごい納豆を食べ始めて1週間たったので、感想を聞いてみました。
「すごい納豆どうなの?」と。

母:「おいしいよ」

私:「いや、そういうこと聞いてんじゃなくて、花粉症の方は?」

母:「ああ!花粉症ね!わたし、目がかゆくなくなったのよー。納豆食べ始めてからねー。
 あとね、くしゃみが出ないと思わない?」

私:「あ!ほんとだ!!そういえば、くしゃみ聞こえないかもここ数日」

母の花粉症の症状で、いちばんひどかったのが目のかゆみ。
外から帰ると目を真っ赤にして、あーかゆい!、と言ってたものです。

それが、母の中では、「かゆくなくなった」と感じるほどには改善してるらしいです。

あと、くしゃみも、けっこうひどくて、玄関を出た瞬間、大きな声でくしゃみをしてました。
それも、「へっくしょい、へっくしょい、へっくしょい、へっくしょい、ア“~~~」っていうかんじの、お上品とはとても言い難いおっきなくしゃみです。

花粉症たいへんよねぇ。。といつも思ってたんですが、言われてみればそのくしゃみ、あんまり聞こえなくなった気がする。

なるほど、母の場合は、この「すごい納豆S-903納豆菌」は、効果を実感できたようです。

もちろん個人差もあるし、たまたまなのかも?と思いますが、本人は、納豆食べたから!と思ってて、実際症状が楽になってるならめでたしめでたし、ということかな。

・・おいしいのも良いことで♪


スポンサーリンク

納豆の健康効果って?便秘がちな人や更年期後の女性におすすめ

S-903菌でなくても納豆と言えば、健康食の一つとしてずーっと昔から食べられてきたもの。古い記録では平安時代からというから驚き。

納豆菌は、大豆を発酵させる菌で、日本中どこでも生息している菌らしい。でも世界中にいるか?と言ったらそうではなく、なんと東南アジアだけなんだって。それも知らなかった!
外国の方が納豆を見て「腐った豆!」とびっくりするのも無理はないですね~。

納豆菌は、大豆のたんぱく質を餌にして増えるのですが、増殖力がハンパなくてたった1日で大豆を発酵させてしまうんだとか。

あのネバネバしたところにも、食物繊維がはいっていますし、食べることで腸の中のビフィズス菌が増えたり、腸内環境を良くする酢酸が増えたりという働きも。
腸内環境が整うから、便秘がちの人にもおすすめ。

また、これは骨を作るのに欠かせないビタミンK2も豊富に含んでいて、骨を強くする働きもあり。更年期を過ぎると、骨がだんだんと痩せてしまうからこそ、食べると良いんですね。

東北地方のグルメ 納豆汁の作り方

秋田県など東北地方では、納豆をみそ汁に入れた納豆汁というのを食べる習慣があるんだそう。
「風邪の引きはじめには納豆汁」と言われてて、寝る前に食べれば翌朝はケロッと治っちゃうと言い伝え何だって。

作り方はいたって簡単。
普通にみそ汁を作って、すりつぶした納豆と味噌を溶くだけです。すりつぶすのが面倒なら、刻んでもいいとか、キッチンばさみで切るとかいろいろあるらしいです。
一度作ってみたのですが、納豆の風味をかなり感じるんだけど、意外に合う。納豆が嫌いな人は無理かもですが、わたしはいけました。

実は納豆トーストがうまいw

実はですね。納豆トーストが大好物なのです。私。
普通に粘りを出した納豆に、たれをプラス。フワフワに粘らせた後、パンに乗せ、溶けるチーズを乗せ、オーブントースターで焼く。

チーズと納豆、納豆のたれのコラボレーションがたまりません。すっごくおいしいんですよ。
義姉に教えてもらった時は、「うそだー!!」って思ったんですが、「だまされたと思ってやってみて!」と言われて作ってみたらハマった。

食べているときにチーズが伸び、納豆のねばねばも伸び、お腹も満足。見た目はなかなかたいへんな光景ですけどね。納豆をただご飯にのせて食べるのに飽きたときにいいですよー。

まとめ。納豆はすごい

と、母が買ってきた、花粉症に良いというふれこみの納豆を見たことから、いろいろ調べて見て思ったこと。
「納豆はすごいねぇ。これを作った人、ねばねばの豆を食べてみようと思った昔の人は本当にすごいねぇ」ということ。

家はかなりの頻度で納豆を食べていて、特別意識したことはなかったのですが、やっぱりすごいパワーの食材なんですね。

以前、テレビで納豆で痩せる!とかいうのが放送されて、放送後には店頭から納豆が姿をけして困ったことがあります。
結局そのデータは間違ってたとかなんとかでお騒がせだったのですが、納豆が体にいいことは間違いないので、テレビのブームに流されることなく、美味しく食べて健康的な食生活をしたいなぁと思ったものです。

スポンサーリンク