東京ディズニーランドホテル
子どもたちが小さいころから、毎年欠かさず行っていた東京ディズニーリゾート。
小学校、中学校は学校を休ませるわけにもいかず、部活も大忙しの吹奏楽部というわけで、行けるのはハイシーズンの土日ばかり^^;

混雑の中、ファストパスをパパにはしって取りに行ってもらったりして結構大変だったんですよ。

でも、東京ディズニーリゾートのバケーションパッケージが出来てからグッと楽に。時間を有効に使えるのがすっごくいいですね。
普通に行くよりお金はかかりますけどねorz..

バケーションパッケージで3月にディズニーランドホテルに泊まった時のお話をします。30周年のときかな…。
手元にファストパスがあるって、なんて快適なんだろうと、心底思いましたよ。特に混雑している時期はね。

3月のTDRの混雑具合、気温や服装も参考にどうぞ。

スポンサーリンク

東京ディズニーリゾート バケーションパッケージの内容(30周年当時)

ディズニーリゾート バケパ
バケーションパッケージは、パークに行く2週間くらい前にこんな可愛いファイルに入って届きます。
(この写真は今撮ったものなので、中身は違います。かわいいから、大事な書類入れとして活用中)

30周年当時(2014年3月)に利用したバケーションパッケージの内容を書き出してみます。
利用したのは3月初旬の土日です。
長女は中学3年生だったので中人料金、次女は小学5年生だったので小人料金です。
といってもあんまり変わりないですけどね^^;

アトラクションをめいっぱい楽しむ 2DAYS

種別: バケーションパッケージ
人数: 大人2名 子ども2名 
料金: 1部屋目
大人:¥46,400 x 2名 = ¥92,800
中人:¥44,400 x 1名 = ¥44,400
小人(ベッド):¥40,400 x 1名 = ¥40,400
客室: 【1泊目】
1部屋目 東京ディズニーランドホテル スタンダード スーペリアアルコーヴルーム(4-9階)
(ツインベッド+トランドルベッド+アルコーヴベッド)
プラン内容:
ファストパスRチケット 6枚
パークチケット
ショー鑑賞券 0枚
ディズニーリゾートライン フリーパス

料金:177,600円

実は、今は同じパッケージはありません。バケーションパッケージの中身も変わっていくようですね。

こう見てみると、このパッケージ、ファストパス6枚もついてて、なんとなくお得感ありますね。

パークチケットは、初日からランドもシーも両方好きな時に入れるスペシャルチケットです。

ちなみに、東京ディズニーランドホテルのスタンダード スーペリアアルコーヴルームに普通に泊まると、60000円くらい。

2デイ大人13200円、中人15500円、小人11500円
2日フリー切符中学生以上800円 小学生以下400円を足しても、177600円には達しません。

ファストパスのための事前予約費用と考えるということかな?

パパは、「確かに高いんだけどすごい快適。つまり、時間を買うってことだよね」と。
それから、通常の2Dayパスポートは、ランドとシーを行き来できないけど、バケパの場合はどちらも自由に入れます。
これもバケパならでは。

長女は、シーのタワーオブテラーに行きたいというけど、次女は怖いからヤダ、というので、
途中でパパと長女、わたしと次女という組み合わせに分かれて行動。

ママチームはランドで次女が大好きなプーさんのハニーハントを楽しんだ後、夜のエレクトリカルパレード場所取りを担当。
パパチームはタワーオブテラーを満喫した後ランドに来て落ち合う、という使い方もできて超便利でした。


スポンサーリンク

東京ディズニーリゾート3月の気温と服装

3月は暦の上では春。でも、まだまだ寒い時期です。ほぼ冬と考えてOK。
東京ディズニーリゾートは、海が近いせいか、結構風があるように思います。

しかも、私たちが行った日はくもりがちで気温が低かったのです。
服装は真冬と同レベルで行って、正解でした。

クイーンオブハートのバンケットホール前
クイーン・オブ・ハートのバンケットホールの前の自動販売機であったかい飲み物を買おうと思ってるパパと娘たち。
ご覧のとおり、かなり完全防備で歩いてました。

ダウンジャケット、セーター、シャツ、ヒートテック、
あったかいGパン。ブーツ。というスタイル。

そして、頭が寒くてしょうがなかったので、ランドでミニーちゃんのヒョウ柄の帽子を買いました。
これが、すごくあったかかったんですよ。

これでも夜は寒くって、パレードを見るときはブランケットを掛けてたくらいです。

追記:2017年3月16日~17日の東京ディズニーリゾートの気温

2017年の3月16日~18日、長女が友達と一緒に東京ディズニーリゾートに遊びに行ってきました。
初日は、この1週間で最も寒い日で、東京方面は雪が降るといわれていたほど。その上雨がパラパラで寒さ倍増。。

長女は、ユニクロヒートテック、ネルシャツ、裏起毛トレーナー、裏起毛パーカー、を着てその上にキルトのジャンバーという完全防備で行ったのですが、それでも寒くてがたがた、だったそうです^^;

足元は、コンバースの防水シューズを履いていたおかげで風も雨も通さなかったのが救いだったとか。
17日は多少気温が上がりましたが、やはり夜は寒いと。

この時期は天候が安定しないので、天気予報のチェックは必須ですね。
ものすごく寒い可能性もあるので、冬仕様の上着は持参したほうがよさそうです。



TDRの3月初旬土日の混雑具合はどう?

とぅーんタウン
この日の混雑具合は、レベルでいうと「混雑しています。でも、入場制限はかかりません」というくらい。
トゥーンタウンで遊んでたんですが、奥の方は意外に混んでません。

アリスのティーパーティー フィルハーマジック
アリスのティーパーティーとフィルハーマジックのあるエリアはこんな感じ。
まあ、人は多いですけど、座るスキマもないというほどの混雑じゃなかったです。

アリスは20分待ちくらいで乗れたような覚えがあります。

と、こんなふうに3月の始めの土日は比較的すいているという印象でした。
シーはもうちょっとすいてます。

平日に比べれば混んでるけれど、慣れていればそんなに辛くないでしょう。
ただし、トイストーリーマニアは、全く入れずでした。そこだけ、急に黒山の人だかりで、全然動けない感じ。

3月はだいたい中旬くらいから、徐々に混みだして、学生さんが卒業旅行で利用する春休み、3月20日あたりから、4月の5日くらいまでがかなり混雑します。
入場制限がかかることもあるので、入場保証があるバケーションパッケージの利用や、ディズニーホテルやオフィシャルホテルの宿泊を選んだ方が安心ですね。

追記:3月キャンパスデーパスポート実施とイベントは要チェック

長女が行ったときのエピソードその2。
今回は、キャンパスデーパスポートで行きました。2017年は、2017年1月6日(金)から3月17日(金)だったとのこと。

17日はキャンパスデー最終日&アナ雪イベントの最終日ということで、平日でもディズニーランドは混雑してたそう。
朝一番で行ったのにスプラッシュマウンテンのファストパスが取れなかったらしいです。

かわりにシーは、いい感じにすいてて、タワーオブテラーもあまり待たずに乗れたって言ってましたよ。

イベントとキャンパスデーパスは要チェックですね。

スポンサードリンク




初めて泊まったディズニーランドホテル!可愛いし、近くて便利で楽しい!

ディズニーランドホテル
いつもはオフィシャルホテルの東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートを利用していますが、このとき初めてディズニーランドホテルに宿泊!
オープンして4年目くらいの時期でした。

一度泊まってみたいよねぇと言っていたので、長女の中学卒業祝いでちょっと奮発して選んだんです。
門には、ミッキーの木のオブジェがあったり、いたるところにディズニーモチーフが埋め込まれていてとにかくかわいい!

ミッキーがお出迎え
ロビーではミッキーがお出迎え♪

ディズニーランドホテル エレベーターとシャンデリア
エレベーターホールも、ドナルドやランドの透かしが入っています。そしてシャンデリアがきれいなこと!

不思議の国のアリスのガラス絵
小さい階段を上ったところに、不思議の国のアリスのガラス絵が。キラキラしてて美しい。次女がすごく気に入って記念撮影しました。

ディズニーランドホテルは、ディズニーリゾートラインの駅に超近くて、しかもランドは目の前。
徒歩で5分くらいで行けます。

ランドで遊んで疲れたときは、ちょっとお部屋で休憩、というのも楽々で。
いつもは、オフィシャルホテルなので、リゾートラインでぐるっと回らなきゃならなかったのを思うと、すごく使いやすいホテルでした。

スタンダードスーペリアアルコーヴルームはこうでした

今回泊まった部屋は、「スタンダード スーペリアアルコーヴルーム」です。
部屋はツインで、ベッドは2つなのですが、1つ引き出しタイプのトランドルベッドがあり、壁にアルコーヴベッドが付いていて、4人泊まれる仕様。
ディズニーランドホテル アルコーヴベッド
アルコーヴベッドがかわいいもので、長女と次女どちらが寝るかで、若干もめました。
が、次女が「あ、私考えたら寝相悪いからこれ落ちるわ」と言い、解決(笑)

ディズニーランドホテル テレビ
テレビも家具調で素敵。よく見ると、美女と野獣に出てくるワードローブさんですかね?

冷蔵庫とティーコーナーにもコグスワースと、ルミエールのイラストの額がありました。
この部屋全体的に、美女と野獣モチーフが多いのかも…。

ディズニーランドホテルアメニティ
ディズニーランドホテルのアメニティ。このときは30周年だったので、デザインも30周年仕様です。
シャンプー、コンディショナー、バスジェル、石けん、歯ブラシ、子ども用歯ブラシ
ブラシ、髭そり、缶に入った綿棒・コットン、シャワーキャップ、ヘアバンド、子ども用マグカップがセットされてました。

かわいい。持ち帰り決定です。
子供用のパジャマも用意してもらえるので、小学生だった次女の分だけ借りました。至れり尽くせり。さすがディズニーリゾート。

ディズニーランドホテル お風呂
お風呂は広々!可愛くて綺麗なだけでなくって、使い勝手もばっちり。長女と次女が一緒に入っても、窮屈じゃなかったです。
赤ちゃん連れ、小さい子連れのファミリーには、この広いバスタブと洗い場はすごく助かりますよね。お風呂が狭いと入るのタイヘンですもん。

ディズニーホテル宿泊特典 プライオリティーシーティング

ポリネシアンテラス・レストラン
ディズニーホテルの宿泊特典で、プライオリティシーティングが利用できました。
あらかじめ、レストランを予約しておけるって言うシステムです。

このときは、ポリネシアンテラス・レストランのディナーを予約しておいたんですよ。スティッチが見たくって。
メニューは決まってて、飲み物だけ選べるスタイルでした。

ポリネシアン、って言うだけあって、メニューはだいぶトロピカル(^^;)
フルーツっぽい味付けで、食べなれないので戸惑いましたが、美味しかった(かな?)

まとめ

バケーションパッケージを利用してのディズニーランドホテルに泊まる、東京ディズニーリゾートの旅。3月初旬の記録でした。
ざっくりいうと、

  • バケーションパッケージは、お値段は高いけど快適にパークを回れる
  • 3月初旬土日は、まあまあ混んでるけど、ストレスは低め
  • 3月はまだまだ寒い。真冬の服装でOK
  • ディズニーランドホテルは、内装のいたるところにディズニーモチーフでワクワクする
  • ディズニーランドホテルは、部屋の中もかわいくて快適に過ごせる

でした。

実は2017年4月にも、次女と二人でTDRに行く予定です。今度もディズニーランドホテルに泊まり、バケーションパッケージで満喫します。
また、レポートしますね。

スポンサーリンク