canva使ってみた
ブログを書くとき、一番上に画像を貼りつけます。

いつもは、パソコンの中にインストールされている画像ソフトで作るのですが、

もっと手軽に、ウェブ上やiphone上で作れそうな、Canva(キャンバ)というサービスを知ったので
実際に使ってみました。

Canvaウェブ版の使い方や感想をまとめます。

スポンサーリンク

Canva(キャンバ)は無料のオンライン画像ツール


Canva(キャンバ)は無料で使える、オンラインの画像加工ツールです。
オーストラリア発祥だそうで、日本語版が上陸したのは2017年5月。

世界中で1000万人以上のユーザーがいることからも、
手軽で、使いやすい画像加工ツールである、というのがわかります(^^)

Canvaにはウェブ版と、iphone版があります。
iphone版だと、撮った写真をそのまま使ってブログアイキャッチが作れて便利なのではないかと。

私はブログを書くのは基本的にパソコンなのでウェブ版の方が使う機会が多いはず。
さっそくウェブ版のCanvaを使ってみました。

Canvaに登録して利用開始!

Canvaの利用は、サイトにアクセスして登録するところから始まります。
Canva

アクセスしたら、「デザインを開始」か、
右上の「登録」ボタンをクリックして無料会員登録へ進みます。

利用目的を選んで無料登録

Canva登録
最初に開くのが、こんなページ。Canvaの利用目的を聞かれるんですよ。
一瞬、「え??教育とか企業とか、明確な目的がなくっちゃ使えないの?」とドキッとしました。

でも、一番下に「個人(自宅、家族、友人用のデザイン)」ってあるのを見つけて、ホッとして、
個人、をクリックして登録画面へいきます。

canva 登録
Canvaは、フェイスブック、Googleアカウント、もしくは、メールアドレス利用で登録が可能。
私はメールアドレスで登録を選択です。

登録のときに英字と記号でパスワードを作って入力したら
「銀行の大金庫に使えるくらい安全です!」と表示されたんです。

そこまで太鼓判押してくれたら、安心感バツグンですね。

職業の選択とチームの招待


次の画面で、職業を聞かれます。
これは、50000以上のテンプレートから、最適のものを見つけやすいようにするため、とのこと。
とりあえず、ブロガーを選択しました。

次の画面では、チームで1つのデザインを作るときのための
メンバー招待ができます。

共有することで、お互いメールのやりとりをせずに
Canva上で意思疎通をしながら作品が作れるということらしいです。
チーム機能は有料プランになるみたい。

会社で複数の人数でやっているプロジェクトなどで、威力を発揮しそうですね。

といっても、私は一人なので、ここはスキップ。

作成したいデザインを選択して画像作成へ!

canvaデザイン作成
いよいよ、画像作成に近づいてきました。
この画面で、作成したいデザインを選びます。

私はブログで使う画像を作りたいので、Webサイトバナーを選択。
すると、さらに、「どのタイプのWebサイトバナーですか」と聞かれるので、
「Blogバナー」を選択です。

ここで見てみると、Webサイトバナーの中にも、

  • Facebook広告
  • Blogバナー
  • メルマガヘッダー
  • リーダーボードバナー
  • 中型長方形バナー
  • 幅広摩天楼系バナー
  • Etsyショップ用バナー

という具合に多種のバナーのテンプレートが用意されているのがわかります。
Canvaを使う目的によって、いろんなデザインが作れるのが魅力的です。

Canvaでブログバナーを作ってみた

Canva Blogバナー編集
Blogバナーを選ぶと、画面がテンプレート選択画面に移動します。
左側にずらっとテンプレートが並ぶので、使ってみたいデザインをクリックしてみました。

すると右側に、選択したテンプレートが表示されます。
ここで、編集をしていくという流れです。

スポンサーリンク

Canvaフォント設定

画像の上に英字で文字サンプルが描かれています。
まさか、英語しか使えないの?と思ったのですが、大丈夫。

左上にフォント選択のスクロールバーがあって、
ここで日本語フォントを選択すれば良いです。


Webバナーの編集が終わったら、ダウンロードして、自分のパソコンに保存します。
ダウンロードするタイプは、画像ならPNG、JPG。
他にPDFが選べました。

今回は、Webバナーなので、PNGを選択して、ダウンロードボタンをクリックしました。
ダウンロードしている時には「デザインを準備中です」という表示が出るんですけど、
その下に世界の名言が表示されて、なかなか面白いです。

創造性の本質は、失敗を恐れないことだ -エドウィン・ランド博士
未来を予測する最良の方法は、未来を造り出すことだ -エイブラハム・リンカーン

デザイン作成そのものには関係ないかもしれないけど、
こういう遊び心って楽しいですよね。

canva

こんなふうにブログに貼りつけて使います。

今は文字を書き換えただけですけど、画像を選択したり素材を貼りつけたりできるので、
デザインは自由自在。

自分で撮った写真とか、ウェブ上でダウンロードした無料素材を背景にするのも良いし。
楽しみが膨らみそうです(^^)

Canvaが有料になるのはどこか?

Canva無料
Canvaでテンプレートを選択しているとき、
無料、と書かれているものと、そうでないものがあることに気づきます。

テンプレートの背景画像に有料版がある

canva 有料

無料というマークがあるものは、そのまま無料で使えます。
でも、何も書いていないものには、canvaの文字と格子模様の透かしが入っているのです。

これを外すには1ドル程度の費用が掛かります。

透かしが入っていてもいいや!という場合は、
透かしがはいったままダウンロードすれば課金はありません。

canva透かしを消す
でも、画像を無料のものに変えれば透かしは消えます。
ためしにこんなふうに、背景画像を無料素材に変えてみました。
透かしの格子模様とcanvaの文字がなくなってますよね。

つまり、画像の部分が有料だけど、テンプレートのレイアウトは有料ではない。
自分の写真や無料素材に変えて使えば、このテンプレートでのウェブ画像は無料で作成が可能ということになります。

素材に有料版がある


素材の中に無料のものと有料のものがあります。
有料のものには値段が表示されてます。

有料のものを使う場合は表示されている金額を払って使います。

Canvaの有料プラン

私が利用しているのは無料プランです。
無料プランの場合は

  • 利用できるテンプレートは8000以上。
  • 写真やデータの保存は1GBまで。
  • デザインを整理するフォルダは2つ。

というのが主な機能です。

Canvaには月額12.95ドルの有料プランがあります。
有料プランにすると

  • 400,000点の無料写真、イラスト、テンプレートが使える
  • データの保存の制限がない
  • デザインのサイズの変更が可能
  • フォントをアップロード
  • カラーパレットを設定できる
  • 自分で作ったテンプレートを保存できる
  • 背景透過でデザインをダウンロード
  • アニメーションGIFがダウンロードできる

というふうに、出来ることがグンと増えます。
企業などでみんなでデザインするような場合は有料プランにする、というかんじですね。

最後に

今回、初めてCanvaを使ってみました。

テンプレートを用いて、直感的な操作で、
おしゃれな画像を作れるところがとっても良いです。

無料プランで、無料で使える範囲だけでも
個人で使用するには十分な機能を持っています。

手軽に、おしゃれなデザインでウェブバナーが作れたり、
ちょっとしたチラシも作成できたり。

ウェブバナーだけでも、8000ものテンプレートから
画像や文字を変えたりして、どんどんデザインが生み出せます。

なかなか良いツールを見つけた!という気持ちです(^^)